管理人愛用のマッチングサイト一覧
出会い率9割の凄さ!
↓ ↓ ↓

⇒無料でセフレができる神サイト3選

↓ランキング参加中。ポチっとお願いします(__)

デカチンで白目剥いて失神!なかなか意識を取り戻さず・・・【体験談】

どうか、イラっとしないで聞いてください。

自分で言うのもなんですが、おれはデカチンです。

子供の頃から周りの子らよりデカくて、先生よりもデカくて、それがコンプレックスでした。

そんな俺が初めて同級生に曝け出したのは林間学校での浴場で。

毛は生えていませんでしたが、見れば即分かるほどサイズが違っていました。

それをみんなにはやし立てられ、終いには担任までもが「俺のよりもデカいな」と笑う始末。

クラスの女の子にまで言いふらすヤツがいて、それからずっと自分のデカチンを気にするようになりました。

中学の時もデカチンで有名になり、頻繁にからかわれていました。

高校生になり初めて彼女ができた時も、相手が処女だったから俺のデカチンは全く入りません。

痛がっちゃって亀頭すら膣内へ侵入させることができなかったのです。

だから3人と付き合って入れる寸前までいくも、結局高校時代は最後までいかず結局童貞で終わりました。

大学生になってから、友達の提案で風俗で筆おろし。

格安ソープで童貞を捨てましたが、オバサン相手に情ない思い出です。

そんな俺にもやっと運気がまわってきたんです。

半年ほど前に行った合コン。

女子大生とOLさんが入り混じった合コンでした。

当然のように俺のデカチンを男達はネタにしてきて、あるOLさんが興味を示してくれたんです。

名前は亜美(仮名)。

24歳のOLさんで、建設会社の受付嬢でした。

「そんなにおっきいの?どのくら?」

「このぐらい(身振り手振り)」

「うっそー!ギャグじゃなくて?」

「ギャグじゃねーし。なんなら見てみる?」

「ヤダヤダw」

ヤダとか言いつつデカチンネタを続ける亜美。

これはもしかしてイケるんじゃ?と思い、亜美狙いで呑みました。

カラオケボックスに行った時に通路で連絡先を交換し、その日から毎日メールしました。

やっぱりデカチンに興味津々らしく、やたら気になるようです。

「今までの彼女も入ったの?」

「痛がってた?」

「馴れちゃうとガバガバになるの?」

まともに素人とセックスした経験が無い俺には辛い質問でした。

だから流すように答えて、他の話題にすり替えたりする日々。

3週間ぐらいしてから、亜美に「呑みに行こうよ」と誘われました。

女慣れしてない俺に業を煮やして誘ってくれた感じ。

受け身になってしまった俺は、待ってましたとばかりに呑みに行きましたが、途中でやっぱりデカチンネタに。

「そんないうなら見せてやるって」

「えぇーーイイ~よぉ」

「どんだけデカいか見せてやるって」

酔った勢いでラブホに行きました。

今からセックスをするという雰囲気では無く、人目が無い個室にやってきた雰囲気でした。

「恥ずかしいからちょっと洗ってくる」

苦笑いをしながらコソコソとシャワーを浴び、トランクス1枚になって戻りました。

亜美は買ってきたサワーを呑みながら、TVを見てニヤニヤしてた。

今思えば、なんて緊張感の無い2人なんだって感じですが、ラブホの雰囲気と今から見せるんだっていう思いで、興奮してて半勃起のままでした。

ベッドに腰掛け

「こっちきなよ、ほら、見せるから」

「マジでぇ?なんか恥ずかしいんだけど」

「見せる俺の方がもっと恥ずかしいよ、ほれ、早く来いって」

「分かったってば」

隣に正座するように座った亜美に、トランクスをベロンと下ろしました。

「うわっ・・・・」

「デカい?やっぱり」

「デカいっていうか・・・・うわぁぁ・・・グロ過ぎ・・・」

「きたねぇーもんみたいに言うなよ」

「だって・・・・これまだ・・・アレでしょ?」

「う~ん・・・まだ半勃起ぐらいかな」

「マジですごっ!!外人のみたい!」

「フル勃起してるとこ見たい?」

「別に見たくないよ、もうイイからしまいなさい」

「イイからほら、握ってみな?すぐ勃起するから」

「ヤメてよ!ちょっと!!もうっ!!握らせないでってば!!」

というような会話でした。

握りたくないとか言いつつ、ちゃんと握って圧を入れてくる亜美の手を持ち、そのままシコシコと動かしたんです。

途中から亜美自身が握って動かし始めたので、俺の手をゆっくり離して行きました。

「な?すぐ大きくなるでしょ?」

「ちょっとー!マジ太すぎでしょ!これ・・・入る子いるの?」

「いるよ、そりゃ・・・」

亜美は俺の目とチンコを交互に見て、その大きさにただ驚いているようです。

その隙にササッと手を伸ばし、亜美の胸に手を伸ばしました。

ムニュッと掴んだ瞬間軽く拒否られましたが、亜美は気に入ったのか?俺のチンコから手を離しません。

だから「イイじゃん、大丈夫だって」と言いながら、亜美の胸を揉みました。

亜美は貧乳ではないだろうと思ってましたが、想像以上に巨乳でした。

ブラに分厚いパットもなく、揉んだ感じ余裕でC以上はあると分かりました。

揉んでいるとスグにギンギンに勃起MAX状態のチンコを見て、「凄い」とか「大きい」とか連呼してました。

もうそんな事はどうでも良く、俺は巨乳を揉みながら「いつ押し倒そうか」と見計らってました。

「こんなでかいとは思わなかった」

俺を見上げる様に振り返った顔を見た瞬間、一気に頭の中がスパークしました。

そのまま強引に押し倒して上に乗り、んやっっ!!と軽く抵抗する亜美にキスをしました。

さすがにこの時にはチンコから手を離してましたが、拒絶はしてないと分かる軽い抵抗でした。

ソープ嬢直伝のキスをし亜美が舌を絡め始めた頃には、シャツのボタンを数個外していました。

胸の辺りは全部外したので、舌を絡ませてるついでにブラの上から揉みまくり。

そしたら一気に舌の動きがウネリ出してきたので、ウホッ!と俺の興奮度も盛り上がりまくりでした。

ブラの中に手を入れて乳首を触ると、コリコリになった乳首が指に当たってきた。

これを軽く摘まんでクリクリとイジると、さっきまでの抵抗がウソのように、むしろ積極的に舌を絡めてくる。

「焦らしながらこう触るんだよ」

ソープ嬢に教えられたとおり弄ってた。

プチュッと唇を離すと、下から俺を見上げて「アタシもシャワー浴びてくる」という。

この可愛さは一体・・・と思いつつ、「お・・おう・・・」とドキドキ。

バッと跳ね起きた亜美は、そそくさと風呂場に消えていった。

シャワーからバスタオル姿で出てきた亜美を抱きながらキスして、ベッドに寝かせて激しくディープキスをした。

もうこの時からいつもの癖で、入るかな・・・

またダメかな・・とグルグル頭の中で自問自答。

バスタオルを取ると「おぉぉ~」と声が出てしまうほどの

美乳に戸惑いつつ、ゆっくりと舐めていった。

激しく声が出るわけではないが、吐息交じりの喘ぎ声に萌えまくり。

おまんこを触った時の濡れようにはドキッとしたが、悟られぬようクリ集中攻めをした。

俺のエッチの先生はソープ嬢なので、教えられた通りに事を進める俺。

「おっきいから指から馴らしていかないとダメだよ」

そう言われてたのでクリで十分濡らしてから指を1本挿入。

狭い膣だったのでGスポ辺りをゆっくりクイクイ刺激しつつ、両方の乳首を交互に舐め続けた。

恥ずかしいとかダメとか口癖のように言ってたけど、どうやら本気で感じてくれてるっぽい。

指を2本にするとギューッと膣圧で締め付けてくる。

ムム…?これは入らないかも・・と不安になりつつ、乳首から乳房、下乳、お腹へと舌を這わせていった。

そして太ももを舐めつつアソコを見ると、おやおや?亜美ちゃんパイパンですか?

ってなぐらい陰毛が薄い。

足の付け根を舐め上げ焦らしつつも2本の指をクイクイ動かしてた。

クリトリスに舌が到達した頃には手の平に汁が流れてくるぐらい濡れまくり。

指を3本入れる為にじっくりクリを舐め回した。

周りの皮から舐めたり吸ったりして、馴れてきた頃に剥いて直接クリ舐めた。

今まで押し殺していた喘ぎ声が、完全に解放されたかのように喘ぎまくりだった。

ウケたのは「だめっだめっ!もっ・・とっ・・だめっ・・いやっ・・いぃっ・・」という支離滅裂な言葉。

それが理解できたのは、クリを皮ごと舐める時と直接舐める時だった。

どうやらクリを直接舐められるとダメらしい。

だから皮ごと舐めながら、指を強引に3本入れてみた。

痛いかな?と思ったけど特に嫌がる事も無く、今まで通り喘ぎまくり。

素人童貞なので、もう必死でしたし慎重でした。

3本の指を小刻みに動かしつつ、クリを周辺ごと吸っては舌先で舐める。

ぶっちゃけアゴというか首がツリそうになりました。

でもその甲斐あって、亜美は軽い痙攣をしながら昇天してくれたんです。

初めて素人をイカせる事ができたと、正直感動でした。

指を抜くと白濁色の汁が手の平や甲に垂れ流れてます。

それをしばらく眺めながら顔の方に戻りました。

しばらく放心状態だった亜美と添い寝していると、

突然動きがあって抱き付いてきながら上に乗ってきました。

少しの間上からキスをされて、そのまま下半身に移動していった亜美。

「口に入るかなぁ~」と笑いながら始まったフェラチオ。

亀頭やカリを舐めつつ、亀頭をパクリ。

ジュルジュル亀頭を咥えなながら奥まで口に入れようとしましたが、やっぱり半分も咥えられない。

「これが限界だぁー」と笑いながら俺を見つめる顔を見て、やっぱり風俗には無い興奮を覚えました。

「みんなそうだから無理しないでイイよ」

一応頑張ってはくれましたが、アゴが痛くなったと笑ってました。

「入るかな・・・」

まず心配だったのがゴム。

ホテルのゴムを試してみたがやっぱりダメで、財布に忍ばせてたゴムに切り替え。

「いつも持ってるの?」と怪しい目で睨まれましたが、「今日の為に持ってきたんだ」と誤魔化して装着。

そしてついに、ゆっくり入れていくと亀頭だけはニュルリンと入っていきます。

うわぁーーーこれは気持ちイイぞ・・と思いつつ、

「痛くない?大丈夫?」と聞いた。

「なんかっ・・苦しいかも・・」

眉間にしわを寄せながらデカチンに耐える亜美。

亀頭を出し入れしながらゆっくり奥へ奥へ。

「んぐっっ」と苦しそうな顔をするので、俺のチンコのサイズに慣れるまでゆっくり抜いては入れての繰り返し。

「マジでこんなおっきいの初めて・・」

キスをしながらゆっくりゆっくり入れていきました。

ぶっちゃけここまで入れられた子はソープ嬢以外にいなかったので、かなり慎重に動いてました。

笑える話、その状態で30分ぐらい慣らしてました。

だいぶ太さにも馴れたらしく、やっと奥まで到達したのはマジで30分後ぐらい。

亀頭が子宮の壁にぶつかった時、「やっと入ったね」とお互いにニンマリしてしまいました。

「痛くない?大丈夫?」を何度言った事か。

そのままゆっくり出し入れを繰り返し、

ようやく普通に腰が動かせるぐらいになった。

でも俺が腰を振り始めると、今までにない猛烈な快楽が込み上げてくるらしい。

「だめっ!動かないでっ!」

「痛いの?」

「そうじゃないっ・・んっ!だめっ・・だめっっ!!」

初めて見る俺のチンコでヨガリまくる素人。

亜美はただの出し入れしかしてない状態でも、クンニの時以上に気持ちイイらしい。

これはもう試すしかない!とソープ嬢に教えられた俺のデカチンを活かした必殺ポルチオ攻め!

教えられたように、亀頭で子宮をグリグリ攻撃するように腰を動かしてみた。

数秒後に突然の発狂にビックリでした。

可愛い目とデカイ口を開けながらまさに「んあぁぁぁぁーーーっっ!!!!」という絶叫。(笑)

両手を広げてシーツを掴み、胸を反らせて絶叫する亜美。

ホラー映画かよっ!とツッコミたくなるほど、ギャグのような発狂ブリでした。

腰を掴んでグリングリン子宮を攻撃し始めて数分後、目を半分白目にして、口をパクつかせながら大きく何度か痙攣をしました。

素人童貞に近い俺は、今思えば容赦が無かったんだと思います。

失神寸前の反応をしているのに、気が付かずに腰を動かし続けてしまいました。

何度も何度もビックンビックンと痙攣を繰り返し、最後は突然身体の力が抜けました。

あれれ?と思って動きを止めると、完全に白目を剥いて泡吹いて失神している亜美。

焦った俺はチンコを抜き、「おいっ!おいっ!」と顔をペシペシ叩きました。

それでも反応しないので動揺した俺は、肩を掴んでグラングラン揺さぶりました。

何度も揺すってやっと正気に戻った亜美。

亜美の話では、途中から意識が飛んで記憶に無いらしい。

セックスしてて失神するなんて初めてだし、正直途中から怖かったと言ってた。

結局そのまま続きは出来ず、手コキでイカされて終了というオチ。

入れたいんだけど・・っていったけど、怖いからもうダメって断られた。

半分気分落ちのモヤモヤした気分のまま終電で帰ったが、その後思わぬ収穫があった。

亜美は俺とのセックスというかデカチンにドップリハマってくれたんです。

数日後からまた呑みに行こうと誘いが入る様になり、呑みに行けばそのままホテルへというスタイル。

俺が誘うというよりむしろ亜美の方が誘ってきてくれて、数回目で太さにもだいぶ慣れたらしい。

指で馴らしてからじゃないと入らないけど、入れてからは随分とスムーズに動ける様になった。

でも問題なのは、毎回亜美が先に撃沈してしまう事。

入れてイッた事がなく、最後は毎回手コキで終わる。

激しく出し入れするとさすがに痛がるし、途中から勝手に大絶叫だし。

でも多い時は毎週、少なくても2週に1回ペースで会ってて

10回ぐらい会った頃、面白い話をしてきた。

亜美の中学時代からの親友を呼んでもイイか?という。

別にイイよ~と3人で呑む事に。

現れた由紀は亜美とは全く違ったタイプで、ぶっちゃけ相当可愛い部類の女の子だった。

亜美よりは貧乳に近くてスレンダーだったけど、モデル系で緊張した。

その日は呑んでそのまま帰宅した。

なんで連れてきたのか理由を教えてくれたのは次の日だった。

「由紀(仮名)どうだった?」

「可愛過ぎて緊張したわ」

「アタシには緊張しなかったくせに!」

「いやいや、相当緊張しましたけど」

「まぁーイイけど。で由紀だったらどう?」

「どうって何が?」

「エッチできる?」

「はぁぁ??何言ってんの?」

「できるんでしょ?」

「そりゃーあんだけ可愛かったらデキますけど」

この時は意味が分からなかったけど、

後日やっと質問の意味が分かった。

実はこの2人、昔からエッチに関して意見交換みたいなのをしてたみたい。

彼氏とエッチしたら報告しあって、どうしたら良かったとか、こうしたらイイとかね。

だから俺とのセックスを報告して、初めて失神したとかつい喋ったらしい。

そしたらアタシも失神してみたい!と由紀が言い出し、じゃー試してみたら?という流れ。

よっぽど俺のデカチンがレアみたいだ。

そんな事あるんかい・・と怪しく思ったが、どうやら本気だったらしく由紀から誘いのメールが。

エッチしよう!とかじゃなくて、呑みに行かない?っていう誘い。

亜美に事前に説明されてたから、軽く呑んでホテルに誘った。

実は由紀には彼氏がいるので、半分断られるんじゃないかと思ってたんです。

だけど笑顔で「行こう!行こう!」と言われ、トントン拍子のままホテルへ。

これは風俗なんだ・・・

今指名した女の子とホテルにいるんだ・・・

そんな風に自分に言い聞かせ、いつも通りセックスを開始。

多分期待しちゃってるんだろうなぁーと不安になりつつ、丁寧に指1本から始めた。

若干亜美よりも締まりが悪いみたいで、すんなりと3本まで入ったのには驚いた。

由紀はBカップぐらいの貧乳で、痩せててゴツゴツした体つきで正直魅力を感じなかった。

身体を見てると萎えそうだったから、顔だけ見る様にして攻撃しまくった。

顔だけ見てるから、フェラチオはかなり興奮した。

亜美よりも少し深く咥える事ができるみたいだし、頭をローリングするようにしゃぶるし。

そして挿入タイムになり、キスをしながらゆっくりゆっくり挿入。

由紀は初めは少し痛がってたけど、途中からは慣れてきて、むしろよがりまくりでした。

亜美は痛がった出し入れもOKで、俺は久し振りに腰を遠慮無く叩きつけてました。

そして亀頭で子宮をグリングリンし始めて、やっぱり由紀もシーツを握り締めて大絶叫。

失神こそしませんでしたが、意識は朦朧として表情もだらしなくしていました。

腰が抜けたようになったらしく、終電を逃しそうになったぐらい動けなかったし。

でも久し振りに腰を振れたので、正常位のまま射精する事ができてとても気持ちよかったです。

亜美と由紀は2人で俺とのセックスを話し合ってるらしく、互いの感想なんかも聞かれました。

そんでなぜか週毎に2人と会うようになり、セックスするという関係になっていったんです。

今まで風俗で使ってたお金を考えると俄然安上がりなので、毎週彼女たちと会ってました。

途中で亜美に彼氏ができたとか報告されたけど、セフレ関係は継続しました。

2人ともかなり俺のデカチンに馴れてくれて、今では生で楽しんでます。

亜美も腰を振っても痛がる事が無くなり、むしろ以前より淫乱になった気がします。

あの狂った状態になると、俺が何かお願いしても余裕でOKなので。

精子を飲んでくれっていうと即OKだし。

コンプレックスだった時代を経て、今になってやっとイイ思いがでて、こんなデカチンでも求めている女性がいるんだと、自分に自信を持てるようになりました。

長い告白を最後まで聞いてくれてありがとうございます。