管理人愛用のマッチングサイト一覧
出会い率9割の凄さ!
↓ ↓ ↓

⇒無料で今すぐセフレができる神サイト3選

人妻のフェラ最高!人妻脅して車でしゃぶらせた体験談

9月 13, 2018

今日は凄くラッキーな一日だった。

こんないいことがあるんなら、外回りの仕事も捨てたもんじゃないかもな。

俺はいつも外回り営業仕事だから、コンビニ駐車場で軽く食事をとる。

今日は遠方に行き、毎度のとおりコンビニの駐車場で寂しく唐揚げ弁当食べていたら、

隣にゆっくりと静かな音で一台の軽自動車が入ってきた。

 

車を停めても持ち主の男はなかなか降りずにずっと携帯を触っていた。

そして周りをキョロキョロと見渡しながらまた携帯を再度いじっていた。

何故かすぐ隣にいる俺とは目が合わない。

それにしても、台風の影響で風も強いのに窓が全開なんておかしいな、と思いながらしばらく気になって隣の車を注目していた。

 

それから約15分後、細身の40歳前後くらいの人妻っぽい女が車の男に挨拶をして、そのあと助手席に座った。

なかなか美人だな・・・と思いながら二人の様子を伺っていたが、なんだか二人の雰囲気からして、初対面のような感じだった。

これは間違いない!きっと出会い系サイトで知り合った関係だ!俺は間違いないと確信した!

というのも、俺もたまに出会い系サイトを利用しているからだ。

いわゆる同じ匂いってやつ・・・

面白そうだし時間あるからじっくりと様子を見る事にした。

しばらく経つと男はスモーク貼った後部座席に行き、女も後部座席へ移動した。

この時点でやっと開けてあった窓を閉めたので俺は勃起するほど興奮した。

だいたい車内での割り切りはフェラチオが定番だから、そんなに時間かからないだろうと待っていた。

それにしてもコンビニの駐車場で日中堂々と割り切りフェラか。

しかも隣には俺がいるのにまるで気付いていないみたいだ。

と不思議がって考えていたらあっという間に時間が25分ほど経ち、すると人妻が先に車から出てきて再度助手席に座り、後から男が運転席に戻ってきた。

何かのやり取りがあり、人妻は頭を下げながら話をしていた。

やっぱり割り切りだと確信した。。

なぜなら最初の女の髪型は髪を下ろしたストレートだったが、車から降りる時は髪をアップにめくりあ上げていた。

恐らくフェラをしやすいように髪を上げたのだろう・・・

それに、おれは女が右手に数枚のお札を持ち、それを鞄に入れていた動きを見過ごさなかった。

それにしても・・・こんな良い女とヤりたい・・・人妻のフェラはエロいだろうな・・・なんてことを考えていたら無性にムラムラ勃起が止まらなくなった・・・。

男はクラクションを一回鳴らして走り去った。

 

かなり悩んだし心臓バクバクだが思い切って女に声をかけた。

そう、いかにも人妻の近所に住む男を装って・・・。

「ちょっと待って奥さん・・・」

人妻はビクッ!と痙攣起こしたかのように立ち止まり、恐る恐る青ざめた顔で俺のほうを振り向いた。

「近所に住む○○です。奥さん・・・今、車内でのこと全部見てました。お金に困って割り切りなんかやってるのかな?」

と聞くと人妻は虫の声のように

「はい・・・」

ただこれだけ・・・。

「ここじゃ店の前だし、今度は僕の車で話をしましょう」

と言って僕の車に入れた。

人妻はハンドタオルを内股付近でぎゅっ!と握りしめたまま動かない・・・。

まじまじ見たら色白だしスレンダーでスタイルいいし、何より甘い香りがする・・・髪型はさっきので少し乱れてはいるが、左手にはめたキラリと光る結婚指輪にむしょうに興奮した。

この時すでにギンギンに・・・俺は奥さんに

「金銭の為なら何でもしていいの?ご主人このこと知ったらどう思うかな?最悪離婚だけでは済まないかもよ・・・」

人妻は何も言わず小刻みに震えていた。

俺はたたみかけるかのように

「今男の車でさっきの男のチンポしゃぶってたよね?俺、近所に住んでいるからご主人にも言っちゃうかも・・・」

人妻は

「どうしたら黙っててもらえますか?」

この言葉を待っていた!

俺はズボンのチャック下げ、フル勃起したチンポを見せ、人妻の手を掴みチンポを握らせ

「同じ事ヤってくれたら主人に言わない!」

と言ったら何も言わずシコシコ・・・と擦り始めた。

まじまじまじ気持ちよすぎ!

俺は手コキされながら、左手では人妻の胸を着衣から揉んだりケツを触ったりした。

久しぶりだから直ぐに逝きそうになったが、もったいないので人妻の頭をチンポに押さえつけたら人妻からフェラをし始めた。

人妻独特の舌を絡ませたフェラ・・・根元まで吸い付く、ヨダレの量も凄いが、これに比例して音もいやらしい。

うっ・・・うっ・・・ジュ・・・ジュ・・・凄い音だがやはり人妻のフェラは最高だ。舌全体に絡みつく。

そしてほどなく口内に大量のザーメンを流し込んでフィニッシュ・・・。

やったぜ!人妻は口の中の精子をティッシュに吐き出した。

人妻騙しただでしゃぶらせた!

近所に住むなんてはったりなのに・・・ごめんね奥さん・・・人妻は終始無言だったが涙目だった。

最後に

「あの、主人には黙ってくれますか・・・」

の一言。

 

その後フェラだけじゃなく、きちんと挿入してやって、人妻と別れたが、今考えてみたら名前・住所を尋問の時に聞いておけば良かったと後悔・・・。

あれ一回キリで終わるには勿体ない女だったな。

あと何度か呼び出してSEXできるチャンスだったのに、そこまで考えなかった俺自身が今更ながらむかつく!

 

それはそうと、みなさん、出会い系では目印でコンビニの駐車場で待ち合わせするの多いから、しっかり注目していたらもしかすると幸運の偶然に出くわすかもよ・・・。

その時はちゃんと名前と住所の確認を取るように!

さて、今からスーツに付いた精子の汚れを取らないと・・・。

そしてこの人妻に、また出会いたいから、あのコンビニで定期的に通ってみる!