効率にこだわる人におススメなマッチングサイト
出会い率9割の凄さ!
無料ポイントを使って、ハメまくりましょう!
↓ ↓ ↓

⇒エロい子をセフレにするにはコチラから

↓ランキング参加中。ポチっとお願いします(__)

年上妻とのセックス体験談 – 私たちのエロいルール

俺は30歳、妻は39歳。

年上の妻と出会ったのは俺が飲みにいった居酒屋であった。

そこで働いていた妻を見て、なぜか俺をとりこにするなにかを感じたのだ。

しかし見るからに俺より年上に見えたし、当然結婚していると思った。

なんどか通ううちに次第に話をするようになり、俺が食事に誘うと思いのほかOKが出た。

初めてのふたりきりの夕方からのデート?話をしているうちに妻はバツ一だとのこと。

それから俺の心のスイッチが入った。

2回目のデートはドライブ。

助手席に座る妻に俺はいろんな話をした。

聞けば歳も9歳年上だとのこと。

バツ一だが子供はいなく、一人賃貸マンションに住んでいるとのこと。

顔を普通だが胸が大きくて、その日は妻はジーンズを穿いていたが、それも股上の短いものでしゃがむと大きなお尻にぴったりとしたジーンズからお尻の割れ目が十分に見えていた。

もう俺のペニスはピンピンになっていた。

帰り際、思い切ってホテルに誘うと黙って肯いた。

部屋に入るや俺はばむしゃらに妻にキスをした。

妻も俺にしっかりと抱きついて舌をからませて来た。

すぐにセックスしたかったけど、我慢してシャワーに誘った。

初めて見る妻の裸体は思いのほか陰毛が少なく、胸とお尻は十二分のボリュームだった。

すっかり勃起した俺のペニスははちきれんばかりで腹にひっつくくらいに動いていた。

妻は「若い人ってやはり元気なのね」といいながら俺の前にしゃがんで手で握るとパクリと咥えてくれた。

全くいままで経験したことのない見事なフェラだった。

不覚にも一気に俺は射精してしまった。

妻はその精液をすべて飲み干してくれた。

ベットに行くと俺は四つん這いを要求すると、いやがることもなくそのおおきなお尻を突き出してくれた。

お尻の穴から妻のお○○こも陰毛の間からすっかり見えていた。

俺は一気に挿入してピストンを始めるとこれまた、信じがたい声で「ああ、いいわ、気持ちいい、もっとチ○ポ突っ込んで・・・」と卑猥な言葉を繰り返した。

二度目の射精は生のまま妻の奥深く注ぎ込んだ。

俺は調子に乗って「美樹さんと会えない時、一人処理する時使うからヌード写真を撮らせてほしい」と言うとにやりと笑って「どうぞ・・」と言ってくれた。

車の中に置いてあったデジカメを俺は全裸のまま急いで取って来て、大股開きの妻のあそこや、よつんばにして後ろから大きなお尻やあそこを接写で撮影した。

その後俺は再々妻のマンションに行って泊って一日中全裸で過ごした。

付き合い始めて4ヶ月後に籍を入れた。

妻は23歳で結婚して5年結婚生活を送ったが子供の出来ないし、旦那も浮気をしてこともあり、離婚に踏み切り28歳でバツ一になり、その後アルバイトを転々としながら一人生活を送っていたそうだ。

離婚のショックや寂しさから、妻が言うには5人の男性とその間親しくなり、半同棲をしたり、肉体関係の生活を送っていたとのこと。

とすれば俺は妻にとって7人目の男性となったことになる。

そんな昔の男性との話を聞いているうちに、その中の一人の男は変態で精力ばつぐんで、妻にとって初めてのアナルセックスをした男だとのこと。

俺も興味はあったけど、経験したことのないアナルセックス。

そこで俺の心の又しても違うスイッチが入った。

妻にさせてほしいというともうしばらく前の事だから、すぐには入らないから序序にしてと。

そして今は、最初にクリームを十分妻のアナルに塗ってから挿入するとカリの部分が入ってからはするりと根元まで挿入出来る。

私はゴムを着けるのはいやだというと、妻は病気になると困るからと、その前に2度イチジク浣腸をして便を出した後、シャワーでお尻の穴に十分ぬるま湯のシャワーで注ぎ込み、それから挿入することにしている。

もちろん中に射精している。

未だ子供がいないこともあって、時には外出しない休みの日は一日中二人とも全裸でアダルトビデオを見ながらいちゃついている。

妻がトイレに行く時はドアを閉めないことも二人の約束にしている。

又二人でドライブする時は妻はブラもパンティーもつけないで直に白のパンツルックに白やピンクや黒の薄いセーターを着てでかけている。

もちろん両方の乳首ははっきりと膨らんでいる。

それを見た男性のほとんどは気がついていると思うがそれが俺にとってはいい刺激になっている。

パンツも肌にぴったりのものだから前の割れ目に食い込んでいるし、お尻も食い込んでいる。

なんともセクシーで夫でありながら思わず勃起することも再々ある。

夏になるとマンションのベランダに二人とも全裸で出てバックから挿入することもある。

二人の会話は今ではできるだけ卑猥な言葉で話すようにしているので、昼間でも、妻の方から「これからセックスする?」とか「チ○ポなめてあげようか?」と言ってくる。

俺が一日泊りの出張がある前日の夜などは2回戦をした後、当日の朝は妻が仰向けになった俺のペニスを手でしごいて射精させて飲んでから出かけることが多い。

そんなセックス三昧の夫婦だけど、時には思考を凝らして、お互い向かい合ってオナニーを見せ合うこともある。

何度か二人で剃毛したこともあるけどすぐ生えてくるので最近は面倒になって来た。

ただ夏になると海水浴にいくのでビキニの妻は完全剃毛している。

しかし腋毛は一年中手入れはしないことにしているので海水浴の時は妻の腋毛を見た男性は無数にいることだろう。

今この投稿を書いている時となりで妻は俺のペニスを握ったり、こすったりしてくれている。