管理人愛用のマッチングサイト一覧
出会い率9割の凄さ!
↓ ↓ ↓

⇒無料でセフレができる神サイト3選

↓ランキング参加中。ポチっとお願いします(__)

フレアスカートを穿いた友達の彼女を電車で痴漢した体験談

電車の中で友達の彼女に痴漢をしたスリリングな体験談だ。

ある日、TとTの彼女とTDLに遊びに行くことになった。

僕たちが出発した朝の時間帯は、電車は超満員でTは奥に、俺と彼女はドア付近に一緒になった。

そして電車は発車したのだか、発射した時の拍子で彼女が自分に寄りかかってきた。

その時、俺のペニスが彼女のおしりにすっぽり埋まる形になったのだ。

その柔らかさを堪能していると、俺の中にイタズラ心が芽生えた。

彼氏の前でエッチなことをしたら、どれほど快感だろうかと。
 
 

実は以前、彼氏と喧嘩中の彼女と酒に酔った勢いでヤッてしまったことがあったのだ。

彼女はもう二度としないと言って後悔していたが、俺はまた彼女と寝たいと思っていた。

そんな俺がこのラッキーなシチューエーションを逃すはずがなかった。

俺は埋まった彼女のおしりにペニスをギュギュッ~っと押し込んでいく。

彼女も俺の行動に気づき、こちらを振り向いて「やめて」と驚いた顔で小さい声で言ってきた。

だがそれを気にする自分でもない。

Tが車窓から外を見ている隙に、彼女の耳に顔を近づけ「柔らかい♪」と言い耳をぺロペロっと舐めてあげた。

彼女もTに気づかれるのが嫌なのかそこまで激しく抵抗してこない。

調子に乗った俺は右手でフレアスカートの中に手を入れ、パンツ越しに彼女の秘部を刺激していく。

パンツのつるつるした感触とぷにぷにとしたおまんこの温ったかさがたまらなかった。

さすがに彼女も抵抗しようとするが混雑して思うように逃げることも離れることもできなかった。。

Tをみると携帯を触っていて気付いてないようだった。

それを確認し指を彼女の中にねじこんでみた。

彼女も足を閉じて防ごうとしたが無駄だった。

指を一本そして二本、そして少しづづ指を小刻みに動かし刺激を強くさせていった。

するとTが自分達に話しかけてきた。彼女がびくっとし、中がキュっときつくなった。

ばれたかと思ったが、Tはアトラクションの話や昼食などの話をしてきた。

彼女と笑顔で冗談を言い合う最中も彼女の中をここぞとばかりにかき混ぜていった。

彼女も笑顔で返事はするがぎこちなかった。

そんなハラハラドキドキな場面の最中なのに彼女の中はトロトロでたっぷり濡れていて、時折びくっとし、足が震えていた。

さすがにTも違和感に気付いたのか。彼女を気にしはじめた。

だが彼女もバレまいと、最近寝不足で少し体調がよくないといった。

彼女が話してる最中、いたずらに俺はズンッズンッっと力強く奥を目掛けて突いたので彼女の声が時折裏返ったりしてい面白かった。

それでもなんとかバレずにTも納得したらしくまた携帯をいじり始めた。

鈍感な男でラッキー♪

彼女も振り返り上気して、今にも泣きそうな顔で「止めて」と小さな声で言ってきた。

「あのことばらすよ」と言うと彼女は唇を噛んで、前を向いて俯いた。

その諦めたような表情と先ほどまで堪能した快感で俺のちんぽはビンビンになっていた。

もう我慢の限界になり、自分の息子を取り出し、フレアスカートの中にそっと侵入させ、やわらかいマシュマロのようなおしりに埋め込こんだ。

彼女も驚き、手を伸ばして止めようとするが女の子の力で止められるはずがなく、されるがままだった。

彼女のおしりの弾力とパンツの生地にペニスが擦れていつもと違った感触がたまらなかった。

それに周囲にばれるかもしれない緊張感と、Tにバレずにの目の前でTの彼女を欲望のままに凌辱しているという優越感がさらにペニスをギンギンにさせた。

俺はもっと刺激が欲しいとさらに押しつけ、擦りつけていった。

彼女もおしりを振り、逃れようとするが、逆に別の快感を与えるだけだった。

俺はそのおしりの動きがメスがオスのペニスを求める求愛行動のように誘発しているように感じ、ペニスが更に暴発した。

俺もそろそろ限界が近づき、まるで歪んだ自分の心のようなドロドロとした精液をおしりにまんべんなくドプッと思いっきり吐きだしてやった。

パンツには精液がべっとりついて、フトモモにも垂れていた。

おれはすっきりとした満足しきったような顔で、終わったあと、スカートでペニスについた精液を拭き取った。

 

目的地の駅に着くと彼女はぐっしょりと俺の精子で濡れたパンツを気にしてか、降りて何も言わずにすぐに急ぐようにトイレに向かった。Tは今日の彼女は変じゃないかと訪ねてきたので、

「さあ、どうしたんだろうね♪寝不足だって言ってたしね!」

「あれ?何だか機嫌いいじゃん。何か良いことあったのか?教えろよ」

「うん、とっても(気持ち)いいことがあったんだよ。そのうち教えてあげるよ。」

そのあと、俺とTの彼女は電車での痴漢行為が何もなかったかのように振る舞い、バレずに、TDLを満喫して終わった。