管理人愛用のマッチングサイト一覧
出会い率9割の凄さ!
↓ ↓ ↓

⇒無料でセフレができる神サイト3選

↓ランキング参加中。ポチっとお願いします(__)

ヤリマン女に童貞9人と無理矢理乱交させようとしたら・・【体験談】

中学3年の頃の仲が良いクラスメイトの女にヤリマンがいました。

その女はあんまり可愛くはないし、ぽっちゃりだけどヤリマンだから重宝しました。

でも頼めば誰でもやらせてくれるのに、友達はあんなブスじゃぁ出来ない、やりたくないといいます。

実際、同級生では、やっていたのは2人だけで、おかげさまで、やりたくなったら直ぐにさせてもらいました。

高校1年で彼女が出来るまでは、そのヤリマン女しか知らなかったけど、数えきれないほどセックスしてました。

高校1年で、友人になったチェリーのヤツらが、俺も早く童貞卒業したい、オマンコ観察してみたいと言っていたんで、

「童貞卒業したいなら、やらせてくれる女いるぞ、ちょいぽちゃであんまり可愛くないけど、オマンコは付いてるぞ、その女で良ければ、土曜日俺の家泊まりに来れば、呼ぶぞ」

そうしたら、予想よりも多く9人の友達がやれるならどんな女でもいいと、泊まりに来ることになってしまいました。

早速、ヤリマン女に連絡して『今度の土曜日泊まりに来いよ、日曜日の夕方まで俺だけだから、ハメまくろうぜ、オマンコ』

即答で

『いいよ、ちょうど安全日だから、生で大丈夫だよ』

『本当か、中出ししてもいいんだな?』

『土曜日まで、オナ禁でもして、溜めていっぱい出してよ』

改めて凄い女だと思いました。

『それから、友達が早く童貞を卒業したいんだってよ、お前童貞奪ってくれないか』

『イイよ、人助けみたいだね』

『土曜日呼ぶからお願いな』

とあっさりと決まりました。つい、人数までは言わなかったけど……

土曜日になり、友達しっかり9人が来ました。

『お前ら、セックスの仕方わかるのか?最初に俺が見本見せるからしっかり見てろよ、あと女見てダメだと思ったら、即帰るように』

みんなは、やる気満々で

『やるに決まってるだろ、でも、みんなの前でか』

俺が

『今日は記念日になるからちゃんとやったか、みんなの前で確認もこめてしようぜ』

しぶしぶ納得して童貞卒業公開儀式をすることになりました。。

男どもが悶々としてたり、緊張であがってたりしてる中、とうとうヤリマン女が来ました。

すると部屋に入り、俺以外の9人を見てびっくりしました。

『まさか、友達ってこの人達』

『そうだよ、大丈夫だろ』

『いくら何でも全員はムリよ、1人だと思ってた』

『やってみないとわからないぜ』

ベットに女を座らせました

『こいつら、女のまんこも見たことないんだって、せっかくだから見せてやれよ』

俺は構わず服を脱がし始めました。

なんの抵抗もなく、上を脱がすと、おっぱいが現れて

『大きいじゃん、気持ち良さそうだな』

彼女の背中から手を伸ばして、おっぱいを揉みました。

『柔らかくて、気持ちいいぞ、後で好きなだけ揉ませるからな』

彼女は既に感じ始めていて下も脱がして、全裸にして『みんなに、オマンコ良く見えるようにしようぜ』

後ろから抱えて両足をグイっと拡げると、男達がぞろぞろまんこに集まってきた。

『けっこうグロいな、でも初めてだよオマンコ見るの、』

みんな食い入るように覗き込んでいました。

『今、めくって中まで見せてやるよいいか』

しかし、オマンコ触ると、かなり濡れていて

『なんだ、ビショビショじゃんか、もう欲しいのか』

『だって、こんなに大勢の子が見るんだもん』

ビラビラを開いて、クリトリスを弄りながら

『これがクリトリス』

今度は、穴に指射れながら

『ここに、ちんぽを入れるんだぞ』

みんな女のいやらしい格好をみて興奮しだして、俺は全裸になり、

『フェラしてくれよ』

とチンコを口元へやると、直ぐにしゃぶり出しました、

男達はいいなとか、俺のも早くしゃぶってほしい、早く射れたいと騒ぎだして

『よし、射れるぞ、良く見える方が良いよな』

俺は仰向けに寝て、彼女をみんなの方に向かせて、騎上位の体勢で

『射れるぞ、良く見てろよほら、射れろ』

彼女はチンコを握り、オマンコにゆっくりと挿入し出すと

入ってくよ、つよしのでかいな、根元まで全て入った、すげえと

彼女は上で、腰を振りだして、声を出しはし始めて、

『よし、誰から先にやるか?』

決めかねていて、

『というか、おまえら、ちゃんと勃起してるのか、みんなパンツ脱げ、誰でもいいから、順番にしゃぶってもらえ』

意外と、一番おとなしいやつが、チンコをビンビンにして、彼女の口に押し込みました。

『あうっ 気持ちいい、もう出そうだよ』

『やめろ、早すぎんだよ。最初なんだから口に出すなよ。もったいない。ちゃんとオマンコの中に出せよ』

『中に出せるの、じゃあすぐにいれたい』

『よし、ちょと待ってろ』

彼女を下にして、上から激しく突くと、グチョ、グチョ とオマンコからスケベな音がして、

彼女が

『いい、気持ちいいよ、もっともっと奥まで動かして』

みんなの見てる前で、中にたっぷり放出しました。

チンコを抜くと、ドロリと精子が垂れて来て、回りだけ拭いて

『いいぞ、次いけ』

さっきのヤツが、上に乗り『ほら、射れてあげろよ』と彼女に言うと

チンコを持って、

『いい、射れるよ、初めてなんでしょ、我慢しないで中に出していいからね』

俺も初めてなんだよね、人のヤッてるところ拝むの。

チンコが入ると、

『気持ちいいよ、気持ちいい、最高』

1分くらいで、あっと言う間に射精してました。

他のやつらも見事に勃起してて、順番も決めたみたいで

『次、俺の番』と、

彼女に大丈夫だろと聞くと

『今のところ大丈夫、みんなの童貞奪うから』と

部屋は十畳、冷房もかけてるけど、ムンムンと熱気があふれて、生臭い匂いも漂いだして、1人オマンコに射れてる時に、次のヤツがフェラ、次のが右胸、次が左胸と決めたのだけど、さすがにみんなイクのが早くて、30分くらいで、全員の童貞喪失してしまい、

『まだ、まだ、するんだろ時間はたっぷりあるし、楽しもうぜ、次からは1人づつで、時間は15分ね』

『オマンコ舐めたい人いるか』

みんな舐めたいと

『精子まみれのオマンコだけど舐めれるなら、好きにして』

彼女もまだまだ体力あって、まだまだイケると言ってたのに

さすがに二時間後には、全裸で大股開いたままダウンしてたけど、オマンコは、精子でぐっちょりしてた。

そして寝ていても、射れるのはスムーズで三回目をおっぱじめました。

結局、朝まで彼女のオマンコには代わりばんこで誰かのチンコが挿入されている状態でした。

俺は2人で風呂に入り、身体を洗ってあげました。

『みんな、童貞卒業できて喜んでいたぞ、気持ちよかったって。』

『そっか、それとお風呂から上がってもまたするの?元気だね。』

『するよ、たぶん、ところでイッタのか』

『逝くどころか失神しかけたけど』

『そっか、気持ちよかったんならよかったよ』

それで、風呂から出て、今度は9人が綺麗に洗ったばかりの女のオマンコやアナルを奪い合うように舐めまくり、またフェラに挿入が始まり、多い奴は六回出したとかみんなでマラ兄弟になってしまいました。