【露出体験談】私の自慢の美人な妻のパンチラを男共に晒させたら・・

私と妻優子は同期入社で2年前に結婚しました。

現在29歳で専業主婦をしています。

優子は大石恵似の美人で人気者でした。

多数のライバル達に勝ち優子をゲットした時は最高の気分でした。

ある日の事、仲の良かった同期で飲み会が計画されました。

男5人、女4人が参加する事になりM山が、「優子ちゃんを連れてこいよ、久しぶりに合いたいなー」と、言ったので、夜さっそく優子に伝えると「みんなに合いたい、行く。」と大喜びでした。

飲み会当日、優子は白のスーツで現われました。

タイトミニからのぞく脚線美に男性陣の視線は集中しました。

私も鼻高々です。

優子も久しぶりの仲間との再会を喜んでいました。

その後、カラオケに行く事になりました。

そこのカラオケ屋の部屋は低いソファの作りになっていました。

後で知ったのですが、M山が女性達とカラオケに行くとき必ずここを使うそうです。

部屋の作り的にパンチラを拝めるからです。

M山の仕切りでテーブルをはさんで男女向かいあって座りました。

真中に座った優子のスカートが一番短く太ももが男共に晒されています。

優子も気にして手でしっかり隠しています。

私は経験のした事が無い興奮に包まれました。

妻のパンティが見られる!見せたくない!でも・・・・

他の男に見せてみたい・・・

男共はチラチラみています。

元社内人気ナンバー1のパンティを見れるかもしれない!

その瞬間がきました。

他の女の子が歌い終わって拍手をする時ベージュのパンスト越しに純白のパンティが覗きました。

自分の妻のパンチラに爆発寸前になりました。

その後優子は5,6回パンチラを晒してました。

私は嫉妬と興奮で我慢出来なくなりトイレに駆け込み個室で一発抜きました。

するとM山とI川がトイレに入ってきて個室に私が入っているのに気がつかず

「いやー優子のパンティやっと見れたよ。出会って7年目うれしいなー。」

「やっぱり、清楚な白だったなー」

「写メールばっちりだ。」

「ここにきて正解だったよ。」

などと話してました。

パンチラを見られただけでこんなに興奮するなら、もし裸を見られたらどんな気分になるのだろう?

と、恐ろしい事を思ってしまいました。