管理人愛用のマッチングサイト一覧
出会い率9割の凄さ!
↓ ↓ ↓

⇒無料でセフレができる神サイト3選

↓ランキング参加中。ポチっとお願いします(__)

他の男に抱かれる妻を想像して勃起したことを打ち明けた【体験談】

私が一目惚れした妻は、結婚して6年、今年30歳になる妻は二児の母です。
黙っていると「宮崎あおい」さんにソックリの清楚な美人ですが、口を開くとやや歯並びが悪く、八重歯が幼さを印象付けるロリ顔の可愛い女の子になり、ただでさえ年齢より若く見える妻が女子大生並の純情お嬢さんに見えるのです。

そんな妻と知り合ったのは10年前、私が大学を出て2年目の24歳、妻は短大を出て2年目の22歳でした。
「え?22歳なの?高校出たばっかりかと思った。だってすごく可愛いからさあ。」
私があまりにも熱烈に言い寄ったからなのか、妻は、
「私、そんなにまで好かれた事ないから、感激しちゃった。」
とすごく喜んでくれて、初めてのデートでセックスしてしまいました。

口説いたのは私ですが、妻の方が待ってましたとばかりに誘いに乗ってきたと記憶しています。
妻とラブホテルに入るとすぐ、妻に導かれるようにバスルームへ向かい、まだキスもしていない二人が素っ裸でシャワーを浴びていました。

「わお、おっきいね。気持ちよさそう。」
そう言って、エクボが可愛い子供みたいな顔した妻にペニスを洗われました。
「スゴーイ!カッチカチじゃん。」
嬉しそうにペニスを扱う妻を見て、清純そうな子供顔してるがかなりの経験者かもしれないと思いました。 ベッドに移動して初めてのキス、舌を入れてきて激しいキスをされました。

妻はセックスがメチャ上手で、初めてセックスをする仲なのに、腰をクイクイ使って私のペニスをメロメロにしました。
ウソだろ・・・顔は清純そうで可愛らしい女の子なのに・・・複雑な気持ちでした。
処女じゃないと判っていましたが、何人の男と遊んできたのか?ヤリマンだったのかな?と勘繰ってしまいました。

可愛くて一目惚れしたけど、何人もの男とセックスをしてきた女の子かも知れないと、遊び半分と思い始めていましたが、セックスのときはメチャスケベだけど、普段は明るくて素直な妻にやっぱり惹かれて、2年くらい交際して結婚しました。

みんな、妻がセックスのときにメチャ淫乱な事など知りませんから、可愛い清純顔の女の子との結婚に単純に羨ましがっていました。
妻が30歳になる今年、マンネリ気味のセックスの最中に、過去に妻を抱いたであろう男達のことを想像したら、嫉妬で興奮してものすごく勃起してしまいました。

それ以来、いつも、過去に妻を抱いた男達のことばかり考えると、カッチカチに勃起するようになりました。
若き妻が、素っ裸で乳を揉まれている姿や、ガバッと足を広げてオマンコを男に弄られてアヒアヒしている姿や、喜んで男に抱かれている姿が浮かんできて、興奮するのです。

今月のある週末、子供達が寝た後に飲んで酔っぱらった勢いで、
「昔の彼氏とのこと、思い出すことあったりする?」
と何となく聞いてみました。

妻は笑いながら、
「うふふ、さあ、どう思う?」
と言いました。
私は、最近妻の元彼達のことを想像して勃起することを妻に言うと、
「私、あなたに抱かれながら、昔エッチしちゃった男の人達のこと思い出すことあったわよ。」
「そう・・・なんだ・・・」
「私ね、昔の彼氏に新しい女ができて、その彼氏が私と別れたくて私を泥酔させて、知り合いに犯させたんだ。私、知らない男とベッドで目が覚めて、ああ、彼氏を裏切った・・・と思い込んで私から身を引いて・・・バカみたい。」
「それで、自棄でその男と暫く付き合ってたんだけど、その男、だんだん良心の呵責に耐えかねて私に全てを打ち明けたんだ。そして、ごめん、さよならってね。」
「・・そう・・・」
「それで更に自棄になって、変な男につかまって、SMってゆうの?ロープで縛られてアソコ悪戯されて、バカでかいディルド入れられて、痛くてちっとも気持ちよくなくて、そのうち写真撮りたがったから、冗談じゃないって別れたのよ。」

これで、少なくても妻は22歳で私と出会うまで3人の男とセックスしている事がわかりました。
「でも、あなたに言い寄られたときは驚いたな。私ね、あなたのこととても気になっていたけど、恥ずかしくて告白できなかったんだ。今まで、告白さ れても、私からはしたこと無かったし。だから、嬉しくて、口説かれたら最初のデートでも抱かれようっておもったんだ。おちんちんも立派だし、大好きだよ。」

私は、その話を聞きながらガッチガチに勃起したペニスを妻に握らせました。
「うわあ・・・嫉妬の力ってすごいのね・・・」
と言いつつ、嬉しそうに私の手をオマンコに触らせて、
「すっごく濡れてるでしょ。」
「犯されたことや悪戯されたこと、思い出して濡れちゃう女って、嫌でしょ?」
「興奮するよ。嫌じゃないよ。」

私は妻を押し倒して、オマンコに挿入して突きまくりました。
そのとき妻は、自分を抱いた男達のことを思い出しているようでした。
それを知るとまた興奮して・・・ こんな私は変態なのでしょうか?