管理人愛用のマッチングサイト一覧
出会い率9割の凄さ!
↓ ↓ ↓

⇒無料で今すぐセフレができる神サイト3選

私の初めてのオナニー衝撃体験談

10月 2, 2018

小6の夏休みの体験です。

その日は私の通っていた小学校でプールを一般開放する事になっていたのでいつものメンバーで泳ぎに行こうと話していて、家族旅行に行く事になっていたR以外はみんな揃っていました。

私たちは早い時間に行くと人が多いかもと思って午後2時頃に学校で待ち合わせることにして、その時間に行ってみるとプールには私たちの担任と4年生の女の子が3人いるだけでした。

私は担任に声を掛けて少し話をしていたのですが予想通り午前中に生徒が多く来たとの事で、午後になってから来たのは今泳いでる子たちだけとの事でした。

私たちは水着にはどこで着替えればいいのか聞くと各学年の教室を開けてあるから6年生の教室を使ってと言われて着替えをしに教室に行くことにしました。

6年生のクラスは2組あるので私は1組で着替えることにして男子には2組の教室で着替えてもらうことにしました。教室には私1人だけだったのでタオルで身体を隠したりせずに裸になったのですが、プールに行く前にトイレに行っておこうかなと思いました。

ですがスクール水着を着た状態でしようとするとちょっと面倒だしどうしようかなと考えていると廊下から男子が『先にプールに行ってるよー』と声を掛けてきました。

それを聞いて私も『分かったー』と返事をしたところで6年の教室には私しかいない事に気付き、廊下も人が歩いている様子がなかったので裸のままトイレに行くことにしました。

裸で廊下に出た私は駆け足でトイレに入って用を済ませて教室に戻り水着を着ました。それから私は担任に用心の為に着替えは教室に置きっ放しにしないでプールまで持ってくるようにと言われていたので服や下着をリュックに入れてプールに持って行きました。

プールに行くと先に来ていた女の子たちは帰ったとのことで私たちの貸切の状態になり、それからは2時間ぐらい泳いだり担任と話したりしていましたが夕方に近くなり涼しくなってきたので担任からそろそろ帰るように言われました。

私たちは着替える為に教室に行こうとしたのですが6年生の教室は4階にあってみんな泳ぎ疲れていたということもあって4階まで登るのも嫌だねという話になり、それならこっそり他の場所で着替えようよとなりました。

私たちはどこで着替えようか話し合って2階に上がってすぐのところにある水道の並んだホールで着替える事にしました。

私は先生が見回りに来る前に着替えてしまおうとしたのですが、男子たちが私が水着を脱ぐところを見たいと言い出しました。

私はなんとなくそう言ってくるかなと思っていたので、先にみんなが水着を脱いでくれるなら良いよと条件を出すとすぐに水着を脱ぎ始めました。

みんなが迷う事なく脱いだのを見て私は少し可笑しく思いましたが、みんなの視線が集中してきたので脱ぐ事にしました。

私の小学校ではスクール水着はまだワンピースタイプ指定で、私もワンピースタイプのを着ていたので最初は肩に掛けている部分をズラして腕を抜いてまずは胸をみんなに見せました。

実はこの時に初めて胸を見せましたが男子たちも見るのは初めてだったようでマジマジと見てきていましたが、少しだけ胸を触らせてほしいと言われて10秒だけという事にして3人は交代で触ってきました。

それからは下の方も早く見せてと言われ脱ぐのを再開すると男子たちは私が水着を降ろしていくのを食い入るように見ていましたが、それが少しおかしくて今度は焦らすようにゆっくりと水着を脱いで全裸になりました。

やはり男子の興味は私のアソコに集中していましたが、この時期に私は毛が生え始めていたのでそれを人に見られるのはとても恥ずかしく思いました。

裸になった私は身体をタオルで拭いてあとは服を着るだけなのですが、喉が乾いてきたのでホールにある水道で水を飲もうとすると蛇口の位置が低くて前のめりの様な姿勢でお尻を突き出すような格好になってしまいました。

きっと後ろから丸見えなんだろうなと思いながら水を飲み始めましたが、やはり男子たちは近寄ってきてアソコやお尻を見られてしまいました。

でも学校でこんな事をしている状況をもう少し続けたくなったので飲み終わってからもそのまま体勢のままでいたのですが、裸でいる時間が長かったから身体が冷えてきたようで急にオシッコをしたくなってきました。

私は男子たちの方に振り向いてトイレに行きたいんだけどと言うと一度私から離れて通してくれたのですが何故か皆モジモジとしていたので、どうしたのと聞くと私がオシッコするところを見たいと言ってきました。

アソコを見せた事は今までも何回かありましたし、この時も全裸の状態でしたがさすがにオシッコしているところを見られるのは恥ずかしさの方が勝ってそれだけは無理と断ったのですが、男子たちはなかなか諦めてくれずその間にも尿意が強くなり、私はこの事は絶対に誰にも言わないと約束させてオシッコするところを見せる事にしました。

最初男子たちは男子トイレの方に入って行こうとしていましたが、そこでするのは嫌だと言って私は女子トイレに入りました。

男子たちは女子トイレに入ることに緊張していたようで先生が来ないかキョロキョロと周りを見ていたので、私は『早く来ないとドア閉めるよ』と言うと急いで入ってきました。

2階にあるトイレは和式だったのでオシッコをしようとすると足を開いてしゃがむしかなく、アソコも丸見えだったと思いますが男子たちもなるべく近くで見ようとして姿勢を低くしていました。

本来ならオシッコするところなんて人に見せるものではないと思っていましたし、裸でしたのも先程プールに行く前にこっそりとしたのが初めてだったのでこれからする事を考えると凄く恥ずかしかったですが、もうオシッコを我慢するのも限界だったので『そろそろするね』と言ってオシッコを始めました。

最初はチョロチョロとしか出てきませんでしたが、次第に勢いが強くなりトイレにオシッコが当たる音が大きくなると男子たちがもっと近づいてきたので私は恥ずかしさのあまり目を瞑ってしまい早く全部出てよと念じていました。

それから1分か2分くらいでようやく出し終わりましたが私にはとても長い時間に感じられました。

そのあとは1人で気を落ち着けたいからみんなは着替えをしてて良いから先に下駄箱まで降りていてほしいとお願いすると、今回はあっさりと聞き入れてくれました。

私はトイレの紙でアソコを拭いたり水を流したりして片付けをしていると皆が先に降りてるからと声を掛けてきて、着替えと水着もトイレの前まで持ってきてくれていました。

私も早く服を着ようとトイレから出たのですが1階から担任と男子たちの話し声が聞こえてきて私はビックリしてしまいましたが、話の内容を聞いてみると担任は私たちがなかなか降りてこないから様子を見に行こうとしていたとの事でした。

男子たちは私が2階で着替えている事を知っているので、話が盛り上がって着替えるのが遅くなったけど私もトイレを済ませたら降りてくると担任に言ってくれたので、その間に服と下着を着て階段を降りて皆と合流しました。

担任は私が降りてきたのを見て遅くまで残っていた事を注意して今日はもう寄り道しないで帰るように言って校門まで見送りに来ました。

校門で担任と別れてからはそのまま家に帰ることにしましたが家の方向は皆同じだったのでさっきは危なかったねなどと話しながら歩いていましたが、話は私がオシッコするのを見た時の話になり男子たちはなんか興奮したとかまた見たいと言っていたので、私は凄く恥ずかしかったんだから絶対に秘密だからねと念押しをしましたが、気が向いたらまた見せてもいいかなと言っておきました。

そのあとはそれぞれ分かれて家に帰りましたが、私は自分の部屋で学校でした事を思い出して初めてオナニーを経験しました。