僕の先輩(美人OL)にチンチンを弄ばれた僕の体験談

オレの職場にはエロくて美人の女先輩がいる。田浦南海という30才の既婚者だ。彼女は普段の仕事の制服からエロさがある。まあ本人はそうは思っていないのかもしれないが、足が長いのでスカートの丈が短く感じるのだ。

普通の人がはいたら膝くらいまでありそうなスカートも、南海が履いていると太ももがちらりと見えるくらいである。

基本的にスタイルが良いので、モデルになってもおかしくはないと皆が思っていた。

しかし南海は本当にエロい部分がある。オレは南海と一緒に残業をしていると、平気で南海の席に行って胸を揉んでいる。

「もう…早速盛りがついてきたの…?」

「南海さんといるときはいつもついていますけど」

二人だけで残っている会社の中で、オレは平気で南海に甘えていた。胸を揉みながらシャツを脱がしてしまいブラをも取ってしまう。

「本当に…困った後輩をもったわ…」

「こういう風にさせたのは南海さんですから」

後ろから乳首をいじりながら首筋を舐めていると、軽く反応しながらもオレの股間をまさぐる南海。

「あん…分かったから…舐めてあげるから…」

南海はオレの勃起している肉棒を摩りながら、パンツを脱がせてくれてフェラを始めてくれる。

「何でこんなに…すぐに大きくなっちゃうのかしら…」

南海のフェラはオレの性欲を満足させてくれる。仕事中も南海がフェラをしてくれると思うと簡単に勃起してしまうのだ。

「やっぱり、南海さんに舐めてもらわないと。いつも気持ちいいし」

「ちゃんと仕事もしてよ…」

そう言いながらオレの股間周りまで入念に舐めてくれて、テクも使ってオレを昇天させてくれる。

「あん…ア、アァぁ…いっぱい出たわね…」

口の中でオレの精子を受け止めてくれる南海。普通ならあまり気が進まないはずの残業も、これがあるので逆に頑張ってしまうのである。

こんなことをしてくれる南海なのだが、ギリギリの所で真面目になってしまうのである。簡単にフェラをしてくれるのであれば、すぐにエッチもしてくれると思うだろう。確かに良いところまでは進むのだ。

先日も屋上で二人で休憩をしているときに、オレはたまには外の風を浴びながら気持ちよくなりたいと思って、南海にキスをした。

「何…今日はここでしてほしいの…?」

南海はおもむろにオレの股間をまさぐっている。相変わらずいつもの様に勃起をしてしまっていた。

そしてその日はオレも南海の股間を愛撫している。お互いにカチカチの肉棒とヌルヌルのアソコになっていた。

そしてオレがパンティーの中に手を入れて先にクリトリスを愛撫していると、喘ぎながらも南海がオレのパンツを下げて肉棒を手コキする。

南海は次第に吐息を漏らしながら体をよじれさせていた。そしてオレの手を押さえて手マンを止めさせる。

クリトリスは完全に興奮状態だったのに。

「も、もうダメ…これ以上触られると…したくなっちゃう…」

「オレは南海さんとエッチしたいんですよ」

「ダメよ…アタシは結婚しているんだから…」

フェラもしてくれてアソコも触らせてくれるのに、最後の挿入だけは絶対にさせてくれないのだ。

以前もクンニまでさせておいてかなり気持ちの良い状態になっていながら、途中で止めさせてきたこともある。それだけは絶対に守っているのであった。

しかしオレは南海に抱き付いて、立ったまま肉棒を南海の股の間に入れ込む。そこでオレが腰を振ると、南海のクリトリスに擦れていくのだ。

「ほら、南海さんだって本当はエッチしたいですよね…」

「あ、アァぁん…、そ、それは…嫌いでは無いけど…あんん…」

オレの肉棒の滑り具合が、じわじわと南海のクリトリスを興奮させていく。

「ダメ…あ、あっぁん…したくなっちゃうから…」

「大丈夫、挿れなければいいんですよね」

「でも…あん、ん…このままだとアタシ…イキそうになっちゃう、かも…」

「イっても良いですよ。だって挿れていませんから」

オレはこのいわゆるスマタ状態で自分でピストンを激しくする。クリトリスへの刺激が大きくなると、南海の喘ぎも大きくなってきた。

「ヤァァぁあ…あん…どうしよう…はぁぁ、本当に気持ちいい…あん…!!」

南海のアソコはどんどんと湿っていき、もはや洪水レベルにまでなっている。ミナミは三津からも腰を動かしはじめて、オレの肉棒をオナニーの様に使っていた。

「南海さん、オレここに寝るから」

オレがベンチで寝ると、南海はたまらずオレの肉棒の近くに跨って、自分のクリトリスを擦りつける。

「やっぁあ…いい…気持ちいい…ア、アァぁあ…アタシ…いいのかしら…!あハァぁあ…」

「南海さん、オレも気持いいんです。お互いにイッちゃいましょう」

「う、うん…一緒にイこう…!」

オレと南海はあくまで合体はしていない。しかしお互いに性器を上手く使って気持ちよくなっているのは確かだ。挿入さえしなければ浮気では無いという南海の定義には沿っている。

そして、もう二人の股間周りはお互いの愛液でヌルヌル状態だ。そんな中でオレ達は一緒にイクこととなる。

「あ、あぁっぁぁぁ…!ヤバ…はあぁ、イッちゃう…!!」

南海が絶頂に達したと同時に、オレの肉棒も精子を飛び出させてしまった。宙を舞った精子は南海の太ももやオレのお腹に着地する。

休み時間も終わりぎりぎりになっていることも気づかないオレ達だった。この方法でオレ達はずっと浮気の関係にはなっていないことになっている。