管理人愛用のマッチングサイト一覧
出会い率9割の凄さ!
↓ ↓ ↓

⇒無料で今すぐセフレができる神サイト3選

変態オナ指示を受ける肉便器女【体験談】

私は彼女とシティーホテルの一室にいた。

彼女はベッドに座って窓の外を見ている。

私の携帯に着信がある。

「・・・あぁ、分かった。部屋にいるから」私は携帯を切った。

彼女が「来るの?」と聞く。

男からのあらゆる指示を素直に受け入れオナニーまでする変態ド淫乱彼女。

「うん、今から来るって」

数分後、部屋のドアがノックされた。

ドアを開けると○○(彼女をマワしている男)が立っていた。

その後ろには見たことの無い男が2人。

「よぉ」

○○が部屋に入ってくる。

続いて男2人も入る。

「おー、本当にいたよ」

「へぇ、マワされるようには見えないな」

知らない男達が言う。

彼女はベッドから立ち上がっていた。

○○が男達を彼女に紹介する。

彼女は「こんにちは」とだけ言った。

「早速、はじめようぜ」男の一人が言う。

「今日は色々持ってんだろ?」

「あ?あぁ、まぁ、持ってるけど使うんかな(笑)」○○と男達が笑っている。

「シャワー浴びてくる」と彼女が言った。

「いや、いいよ。シャワー要らないな」男の一人が言う。

「あぁ、まずはそのまま下着だけになってくれよ」彼女は私を見る。

○○が「ああ、言う通りにしといたほうがいいぜ」と彼女に言う。

私は彼女を見て頷いた。

「うん、、、」彼女は着ているものを脱ぎ始めた。

「ちょっと待った。ベッドの上で脱いでくれよ」彼女はベッドの上にあがり、羽織っていたカーディガンを脱いだ。

ストッキングを脱いで、スカートを降ろした。

「いいねぇ、言いなりの女(笑)」

「ほら、ブラウスも脱げよ」

彼女はブラウスとキャミを脱いだ。

ベッドの上に立っている彼女は、ブラとパンティだけになっている。

「いい眺めだねぇ」

「あはは、会って5分も経ってないぜ」

「おい、ベッドの上で一回転してみろよ」

彼女はベッドの上でクルっと回った。

「ダメだろ、もっとゆっくり回るんだよ」

彼女はゆっくりともう一度回った。

「いいねぇ、奥さん(笑)」

「何人の男に舐めさせてきたんだー(笑)」

「今度はこっちにケツ見せろ」

彼女はこちらにケツを向けた。

「自分でTバックにして食い込ませてみろよ」

彼女はパンティを引き上げ、ケツの割れ目にパンティを食い込ませた。

「あはは、エロいなぁ」

「自分でやるところがいいよな、この女」

「ほら、もっと強く食い込ませろよ」

「ケツの穴、見せてみろよ」

彼女は男の言う通りにさらにパンティを食い込ませる。

「あぁん」

彼女の声が漏れる。

「あぁん、だってよ」

「ケツの穴、分かっちゃうな(笑)」

「おいおい、もう濡れてんじゃねーの?」

「今度はこっち向いて、マンコに食い込ませてみろよ」

彼女はこちらを向いてパンティを食い込ませる。

「あはは、おいおい、毛がはみ出てるぞ」

彼女の股間にパンティが食い込み、陰毛がはみ出ている。

「毛の処理はしてねーの?」

「いいんじゃん、しょっちゅう男に使われてるから適度に抜けてんだよな?おい、もっとこっちに来て、目の前で食い込ませてくれよ」

彼女は男達の顔の前に股間を持ってきた。

「おー、食い込んでるねぇ。クリまで分かるんじゃねー?」

「ほら、もっと足を開けよ」

彼女は足を開く。

パンティが深くマンコに食い込み、ビラビラがはみ出している。

「おい、これクリじゃね?」

男が彼女の股間を指でつつく。

「あんっ!」

彼女は腰を引いて声を漏らす。

「パンティを上下させて、そのままマンコとクリを擦れよ。立ったままだからな」

「・・・うん・・・」

彼女は小さく答え、自らパンティをマンコに擦り付ける。

「あはっ、会って10分で初めて会う男の前でマンコ擦るのって、エロだろ?」

「あはは、○○の言うこと聞く女って噂は本当だな」

「あ?まぁな。今日は○○くん(私のこと)もいるしな。彼女はいつも以上にエロになるよな」

○○が言う。

彼女は一人ベッドの上に立たされ、パンティでマンコを擦っている。

時々「ん、、、んんっ、、、」と声がする。

「ブラ外さないで、乳首見せてみろよ」

男の指示で彼女はブラをずらす。

乳首はすでに勃起している。

「勃起してんなぁ(笑)。でも、ピンク色だぜ。人妻だろ?しかもマンコ便所なんだろ?何で乳首ピンクなんだよー(笑)」

「自分で乳首擦ってみろよ」

彼女は左手でパンティを食い込ませながら、右手の人差し指で乳首を押し付けるように擦りはじめた。

「・・はぁん、、んんっ、、」

彼女は感じ始めている。

「恥ずかしい?」

男が聞く。

彼女は「・・・うん、恥ずかしい」と答えるが、指は動かしたままだ。

カシャっ!と音がして、男の一人が携帯で彼女を撮影した。

「あはは、これで○○ちゃんは俺のケータイの中でいつでもオカズになるってことだ(笑)」

彼女は恥ずかしそうに下を向いているが、パンティを食い込ませた手は止めていない。

「おい、パンツ濡れてんじゃん」

男が気付いた。

「おー!本当だ。おい、まだオナニーじゃねーよ。何濡らしてんだよ(笑)」

男達の笑いは止まらない。

「うん、、、んん、、だってぇ、、」

彼女は腰をくねらせている。

「じゃあ、ほら全部脱げよ」

男の声で彼女は下着を脱いだ。

「パンツ見せてみろよ・・・何だよぉ、もうビチョビチョじゃねーか。え?ほら、自分で確かめてみろよ」

と男は彼女が脱いだパンティを丸めて彼女の口に押し込んだ。

「んんっ!んぐっ!」

彼女は無抵抗のままパンティを咥える。

「どうだ?マンコの味するだろ」

男がパンティをさらに押し込む。

「んんんんっ!んんっ!」

彼女は何も言えない。

男が彼女の口にパンティを押し込んだままベッドの上に彼女を押し倒す。

「ほら、足開け」

彼女は仰向けになり足を開く。

「自分でマンコ開いてみろ」

彼女は足を大きく開き、右手の人差し指と中指でマンコを開いた。

「ちげーよ。両手を使うんだよ。両手でビラビラ摘んで開くんだよ」

彼女は左右の指で自分のマンコのビラビラをつまみ、左右に開いた。

「おぉー!中もピンクじゃん」

「ん?クリも少し勃起してるな。クリの皮めくってみろよ。っていうか、毛が邪魔で見えねーから自分で毛をどかせよな」

「・・・うん・・」

彼女は返事をし、陰毛をどかしてクリの皮を指でめくった。

「もっとめくらねーと見えないっつーの」

彼女は両手でクリの皮をめくった。

「あー、やっぱり勃起しているな。っつーか、小さいクリだなぁ(笑)。でも、ちゃんと勃起しているあたりがエロだよな」

「いつもやってるみたいにオナニーしてみろよ」

彼女はクリを露出させながら「・・自分でしないから分からないよ・・」と言った。

「嘘つけ!・・あ、そうか、いつも男にやってもらってるからオナニー必要ないんか?」

「あはは、そうだな(笑)」

男達はまた笑っている。

「じゃあ、言う通りにやれよ。左手で乳首を摘め」

「・・・」

彼女は左の乳首を人さし指と親指で摘んだ。

「それを捻りながら引っ張ってみろよ」

「んんーー!」

彼女は乳首を捻って軽く引っ張っている。

「ちげーってば。もっと強くやるんだよ。こういう風に!」

男が彼女の右の乳首を強くつねった。

「いやあっ!いたいっ!」

彼女は叫んだ。

「これくらい自分でつねるんだよ。ほら、やれ」

彼女は「うーー、、」

と言いながら左の乳首を強くつねった

「いい、、痛いぃ、、」

「あはは、マゾか?こいつ?」

「そしたら、右の手でクリを摘め」

彼女は右手の人差し指と親指でクリを摘もうとしている。

「お?ヌルヌルしてきてんなぁ」

「そうそう、もっと摘みやすいように勃起させろよ。クリを指ではじいてみせろよ」

彼女は人差し指の腹でクリをはじくように弄っている。

「あんっ、、、あんっ、、、あんっ、、、」

彼女の息が熱くなっているのが分かる。

「そしたら、クリの下側を指先で捏ねるんだよ」と言った男が彼女のクリを指で刺激した。

「ああああっー!ダメっ!」

彼女は腰をひくつかせた。

「分かったか?ここだからな。ここを指で捏ねるんだよ」男は彼女の指を掴み、勃起したクリの下側を擦っている。

「・・・あぁん、、だめぇ、、、きもちいい、、、うんっ!、、、ああんっ!」

彼女はクリを指先で捏ねている。

マンコは既に開いて濡れており、テカテカと光っている。

「マンコ、撮ーろう!」

男が携帯で彼女のマンコを撮影した。

「すげー、濡れてるなぁ(笑)」

「おい、そのままオナニー続けろよ」

彼女は「んんっんんっう、、」としか言わない。

「おい、返事しろよ!オナニー見てくださいって言え!」彼女の太腿の内側を男がピシャっと叩く。

「あんっ!・・・うん、、、オナニー見てください・・んんんっ、、、」

「気持ちいいのか?」

「んん、、はい、、気持ちいい、、」

「どこが?」

「,,,クリ、、、」

「あはは、すげー言いなり(笑)」

彼女はベッドの上で大きく足を開きオナニーを続けている。

「中に指入れたいか?」

「...んんっっ、、うん、、、中にも、、、入れたい、、、」

「中指を入れてみろよ。見ててやるから」男が言うと、彼女はクリを弄るのを止め、右手の中指を割れ目に沿わせて動かす。

「いいから、はやく入れろっつーの。すげー濡れてんだから、すぐに入るだろっ!」

彼女はマンコの割れ目に中指をゆっくりと挿入した「・・・はぁっ、、はぁっ、、、はぁん!」

「おおー、入った入った!」

「そしたら、マンコの入り口で中指をグルグルさせてみろよ」

「・・・うん・・」

彼女は中指の第一関節までマンコに挿入した状態でマンコの入り口を擦るようにグルグルと動かした。

「・・あぁ、、あっ!んん、、あんっ!」

「どうだ?気持ちいいだろ?」

「・・・はぁ、、はぁんっ!、、うん、気持ちいい、、」

彼女の指はマンコに挿入されたままグルグルと動いている。

「うぅ、、、あんっ、、、あんっ、、、」ベッドの上の彼女は男達に指の動きを指示されて、オナニーをしている。

それはまるで男達の言いなりになるオナニーショウのようだった。