巨根

高校を卒業間近のある日の午後。

『あっちゃ~~』って思うくらい下品なクルマが、俺ん家の駐車場に停まった。

その下品なクルマの助手席には悪友が座っていて、俺を見ると気持ち悪い顔でニタニタした。

運転席 ...